logotip.png

代理出産プログラム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    Skype: BioTexCom JP    Line ID: biotexcom

 

 

着床前遺伝子診断

着床前遺伝子診断は、細胞、生物学的および人工授精を介して受信された胚子が注入されているかどうか決定が取られる、分子、遺伝子検査を意味します。PGDは、遺伝疾患や染色体の有害な特殊性と子どもの性別と継承特殊性の決意に使用されます。

PGDは1万回以上に使用しました。1990年代から使用されています。PVDは、生命の胚芽のもとで、基本的な質問に触れ、多くの倫理的、政治的矛盾を引き起こします。多くの国では、PGDは法律で規制され、唯一の明確な目的で許可されています。ドイツでは、悪い遺伝疾患、死亡または流産を避けるためにPGDを使用されます。

着床前診断 – 女性に注入される前に、人工受精胚子の結果で受信の遺伝子検査することです。受精後の3日目に胚子は6枚または10枚の細胞で構成されている場合 – 1つや2つの細胞が抽出され、遺伝的変異を調べています。胚は、追加の染色体またはそれらの欠如にチェックされているときに異数性、スクリーニングは、着床前遺伝子診断であると考えられています。

1990年、イギリスで遺伝疾患を避ける、そして子供の性別を定義するためにPGDを使用された、最初の子供が誕生しました。そして、単成遺伝性疾患除外された子は、2年後に生まれました。現在、PGDの利用して生まれた子どもの数量は1万以上です。人口授精の成功率を高めるとか子供の性別を調べるなどに使えます。