logotip.png

代理出産プログラム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    Skype: BioTexCom JP    Line ID: biotexcom

 

 

代理子供の親のための産休

代理母出産は世界を「賛成」と「反対側」の2つの陣営に分割しました。代理出産伝導は、ドイツ、オーストリア、ノルウェー、スペイン、の地域の法律で禁止されています。不妊カップルの、オーストラリア、イギリス、デンマーク、イスラエル、スウェーデン、カナダ、オランダなどの国では、代理出産サービスのための金融の報酬を取らずに胚を運ぶのが許可されています。

ウクライナでは生殖補助技術のすべてが許可されています。不妊に直面している外国人のカップルはウクライナの卵子提供や代理母のような手順を使用します。非公式の統計によると、約2000組は毎月、代理母の助けを借りて生まれた子供とウクライナの首都から帰国します。

あるカップルは他人に自分の子供に出産させることが奇妙だと思います。一方、他の人はこの真実を抑制するために最善をし、偽の腹を使って妊娠をシミュレートします。妊娠中の女性は、前と出産後に産休する権利を持っつのが知られています。でも、代理母に赤ちゃんを産んで呉れた場合は?

欧州連合の法律は法律上の産休は代理母のサービスを使用した女性に、ヨーロッパ諸国を義務付ける規則が含まれていません。最小は出産した女性は新生児に世話し、そして女性の健康に関連付けるリスク(妊娠や出産時に表示されるリスク)を防ぐの時間が必要です。

時間と代理出産の偉大な人気に基づいて、代理母によって出産した女性は自然に出産した女性と同じく産休が必要です。または、出産をしなくても彼女はその子の誕生の最小の日からお世話をしなければなりません。それは、自然の出産後と同じです。普通には、代理母の助けを借りて生まれた子供の両親は必ずしも子供の出生前に出産休暇を必要としないが、赤ちゃんの誕生後に彼らにそれは不可欠です。

そのため、欧州連合(EU)の司法裁判所は、以下の判決をしました:

「妊娠中の労働者指令:この指令に関しては、裁判所は、試運転の母として代理出産契約を介して赤ちゃんを持っていた女性労働者がこのようなを付与する必要はありません。この指令と加盟国の範囲内に収まっていないことを発見します労働者は出産の権利は、この指令に基づいておきます。その理由は、産休の目的は彼女の妊娠から生じる特に脆弱な状況で子どもの母親の健康を保護するために、指令の第8条にするために提供されるままにしておくことです。この保護懸念「妊娠・出産」の後の期間のみ。したがって、この指令の適用は、このような休暇を受ける権利を有する女性労働者が妊娠し、子供を出産したこを前提としています。裁判所は、この指令は、妊娠中の労働者の保護の点で最低基準を提供すること、と述べました。このため、加盟国は「代理出産の配置を介して赤ちゃんを持っていた母親も補填する試運転より有利な規定を適用することができます」。
現在には、産休を必要するのは女性だけじゃありません。男性は、同様に、このような特権を使用することができます。このように、ウィリアム王子は妻キャサリンと一緒に出産休暇を取りました。彼は妻と子供にすべての注意を集中するために、6週間の間に動作することを拒否しました。