logotip.png

代理出産プログラム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    Skype: BioTexCom JP    Line ID: biotexcom

 

 

BioTexComはヨーロッパのマスコミに: キエフ生殖医療センターについて何を言いますか?

biotexcom media japan   BioTexCom生殖医療センターはヨーロッパ諸国の不妊症の病人に知れるだけではなく、マスコミーにも論われます。年々 クリニックにインタビューしたい方の数が増えています。

BioTexComサービス、キエフに医療をもらったカップル の話、代理母の話についての番組や、新聞記事や、本などが多いです。キエフに働き初めたトップマネジメント、医者とマネージャーのチームはクリニックがヨーロッパに大成功できるのを思えませんでした。今日は、よく発達していつも広げているモダンな生殖医療センターは外国のカップルとあしらいます。65歳できた出産、13年の不妊症の後でできた出産、訴訟に勝つこと。これ以上はすべヨーロッパマスコミに取り上げられました。

ヨーロッパにほとんどどこでも代理出産プログラムが禁止されるのをよく世界中に知られています。卵子提供は少ないヨーロッパ諸国だけに許可されているけれど、これらプログラムにはにも、ドナーにも)提供することがよくあります。けれど、ウクライナにこのプログラムは許可されています。これはヨーロッパ人が母国の外に医療処置を探している理由です。ウクライナは大勢のドイツ人、フランス人、イタリア人、スペイン人、イギリス人に合法的にART療法プログラム(代理出産、卵子提供)を提供している国になりました。

 

国際メディアはこの事実を逃すことができなくて、カメラや記録装置などを用意しておきました。年々、だんだん世界中からの記者はヨーロッパにぎをした

ウクライナのセンターについて好奇心をそそる記事を作るためにウクライナに来ました。BioTexCom国際記者がまた来る理由がたくさんあります。

serenamarchi

イタリアのメヂアはウクライナのクリニックをよく掲載します。理由はセンターがイタリアから大勢の顧客をプログラムに受けることです。イタリアが代理出産が宗教的な見解に反する非常に宗教的な国であるので、クリニックを批判する十分な記事があります。でもあるイタリアの記者は代理出産についての本を書いました。BioTexComもこの本に記載されました:

リンク:

http://www.serenamarchi.it/2015/11/05/il-convegno-sulla-maternita-surrogata/  

代理母についてのストーリがたきさんあります。あるインタビューはBioTexComクリニックの中に起こっていました:

RaiTV 55de624

リンク:

http://www.rai.it/dl/RaiTV/programmi/media/ContentItem-613993d1-5c49-46d7-a98d-dc12c55de624.html

youtube v32B CRxQQM

リンク:

https://www.youtube.com/watch?v=v32B-CRxQQM

記者調査もありました。イタリア記者もカップルも潜在顧客ようにクリニックに連絡していました:

youtube SgOdd063Zpc 2

リンク:

https://www.youtube.com/watch?v=SgOdd063Zpc

また、多くのストーリが撮影され、イタリア人が赤ちゃんとどのように帰ってきたのか、彼らがどのようにイタリアに帰って来るのか、そして彼らがどのように訴訟を勝ち取っているのかを示しています:

 espresso.repubblica 59

リンク:

http://espresso.repubblica.it/attualita/2014/02/24/news/maternita-in-affitto-il-tribunale-dice-si-1.154759

 ilfattoquotidiano 1209116

リンク:

http://www.ilfattoquotidiano.it/2014/11/13/madri-surrogate-sonia-lotta-per-riconoscimento-dei-figli-nati-in-ucraina/1209116/

 

   このように、2012年全てのインターネット、新聞、テレビで 「ウクライナに体外受精をした66歳お年よりスッシーさんは四つ子を産まれた!!」のようなスクープが現れました。

blick 1812788

リンク:

http://www.blick.ch/news/schweiz/buendner-pfarrerin-gebaert-zwei-buben-zwillinge-mit-66-id1791994.html

blick 1812788

リンク:

http://www.blick.ch/news/schweiz/graubuenden/sie-wollte-eine-leihmutter-er-machte-die-buendner-pfarrerin-66-zur-aeltesten-mutter-der-schweiz-id1812788.html

 

不思議なBioTexComはお年寄り女を母にならせる!」、「ウクライナは倫理を忘れて、66歳母が当たり前だ!」のような見出しが現れました。

もう一つ年を取った将来の母はインタビューがインタビューされた。

youtube qX3rJuSLdhk

リンク:

https://www.youtube.com/watch?v=qX3rJuSLdhk

そのとき、マスコミ注目だけでなく、ヨーロッパの不妊症カップルの注目も引きました。

全く合法的にこのサービスを行っている医療センターはよく言われている。BioTexCom と取り決めしたい方が増えてきました。最近、ウクライナ生殖医学についての報道はされました。            東の赤ちゃんの作りマケットでお年寄りのお客さまの叶った夢は「特別なサービス」と呼ばれています:

youtube isEji0ynKo8 2

リンク:

www.youtube.com/watch?v=isEji0ynKo8

 

それに、MITTELDEUTSCHER RUNDFUNKミテルデアツカーランドファンクは赤ちゃんを抱いてた66歳の患者を見せました。

年を取ったドイツの教師についてのニュースは全てのヨーロッパマスコミを驚かした。精子提供と卵子提供で治療されて、妊娠したドイツの人は3人の男と1人の女の赤ちゃんを生みました。

 

spiegel

年を取ったドイツの教師についてのニュースは全てのヨーロッパマスコミを驚かした。精子提供と卵子提供で治療されて、妊娠したドイツの人は3人の男と1人の女の赤ちゃんを生みました。

 

数千の新聞(WELT, Spiegel, Süddeutsche Zeitung)(ディ・ヴェルト、デア・シュピーゲル、南ドイツ新聞)もう子供があった女の人の行動を糾弾している題を書きました。 

ウィキペディア・ページもありますhttps://de.wikipedia.org/wiki/Annegret_Raunigk

RTL channelは始まりから赤ちゃんを出産して、その後赤ちゃんと家に帰るまでお母さんのそばにいました。

 

rtlNext

リンクhttp://rtlnext.rtl.de/cms/annegret-raunigk-so-geht-es-der-66-jaehrigen-und-ihren-vierlingen-ein-jahr-nach-der-geburt-2878545.html

クリニックへの最も重要な参考文献の1つは、Andreas Bernardアンドレアス ベルナンド)によって書かれた生殖医療の問題に専念する2014年に出版されたKinder machen(子供を作る)という本と考えることができます。この本1つの章は、Biotexcomクリニックに専念していて、卵寄付と代理出産プロセスを記載します。章の名称は「キエフのBioTexComクリニック。ヨーロッパ生殖観光を引き付ける所」です。

ardmediathek

リンクhttp://www.ardmediathek.de/tv/NACHTCAF%C3%A9/Jenseits-der-Norm/SWR-Fernsehen/Video?bcastId=247716&documentId=40108530

クリニックへの最も重要な参考文献の1つは、Andreas Bernardアンドレアス ベルナンド)によって書かれた生殖医療の問題に専念する2014年に出版されたKinder machen(子供を作る)という本と考えることができます。この本1つの章は、Biotexcomクリニックに専念していて、卵寄付と代理出産プロセスを記載します。章の名称は「キエフのBioTexComクリニック。ヨーロッパ生殖観光を引き付ける所」です。

fisherlage

リンクhttp://www.fischerverlage.de/buch/kinder_machen/9783100071125

陰性のニュースもあります。スキャンダルや調査なんかは記者の仕事の意味なので、関心の対象 がずっと矢面に立っています。ある賢い人が言ったように成功への鍵になり、人が言うことの意味は仔細がない、もう人が言うのは大切です。

 

メディア が来る前に全ての詳細について考えられて、適当な準備できるのは難しいから、調査の中に記者調査は一番確かで、面白いです。

そのうえ、記者が情報を集めるためにクリニックに入ったのを知らないまでのことがあります。     

BioTexComにこんなことも起こりました。イギリスの記者がクリニックの特徴を調べるために潜在顧客のふりをしました。

newsEurope

 

リンク:  http://newseurope.info/ukraine-has-the-worst-roads-and-the-best-reproductive-medicine-in-the-world/

 

会社が至ったり、イノベーションをしたり、結果を改良したりするとき、多くの人、マスコミ、ライバル、潜在顧客、世界中の不妊のカップルもちろんに人気になります。今、クリニックに大勢のドイツからのがいます。一つのストーリーはドイツのマスコミに言われた。ドイツからのカップル(55歳と48歳)は、BioTexComに卵子ドナー、代理出産のおかげで赤ちゃんを持つ夢を叶えました。かれらはこの日を17年待っていました。代理母はまんまと双子の女の子を産みました。この幸せなストーリーは掲載されて、組も影されました。

welt

リンクhttps://www.welt.de/vermischtes/article138500409/Mutter-mit-55-dank-Eizellspende-und-Leihmutter.html

wunchKinder

リンクhttp://www.rtl2.de/sendung/wunschkinder-der-traum-vom-babyglueck/folge/folge-12-21

 

代理出産が禁止される国はウクライナのクリニックについての放送を始めました。けれど、ローカルな番組はウクライナの代理出産の特長を見せるストーリーを作りました。フランスもこの国々の中:

tetu

リンクhttp://tetu.com/2016/10/03/visages-contrastes-gpa-zone-interdite/

genethique

リンクhttp://www.genethique.org/fr/content/gpa-en-ukraine-imbroglio-juridique#.WT_D9evyjIX

leJournal 1

リンクhttp://www.journaldesfemmes.com/societe/actu/1680512-meres-porteuses-pourquoi-ca-coince/

 

国際マスコミは BioTexCom に医療もらってる不妊のカップルのために赤ちゃんを産む代理母について言いました。スペインはある代理母、BioTexCom生殖医学センターについて掲載しました

Lavanguardia

リンクhttp://www.cuatro.com/enelpuntodemira/a-carta/punto-mira-completo-carta_2_2310030003.html

 

これはスペイン番組の詳しいクリニック、ウクライナ生殖医学についての報道です:

puntoMira 1

リンクhttp://www.cuatro.com/enelpuntodemira/a-carta/punto-mira-completo-carta_2_2310030003.html

 

最近、BioTexComチームはクリニックの患者が書いた本に喜ばれました。作者のビアンカ・スミスはクリニックに不妊治療を受けた経験について述べます。BioTexCom クリニックは恭しく描写に記載されました。本はアマゾンにベストセラーになって、いい評がたくさんあります。

Red heart IVF 03

リンクhttp://www.wheresmystork.com/my-ebook-ivf-a-detailed-guide-is-offered-free-today-happy-valentines-day/

 

キエフに首尾よく営業してるクリニックについてを掲載しているメヂアが もうたくさんあります。

センターはART療法プログラムに携わっているわけでなく、胚性幹細胞にも興味もあります。

多くのヨーロッパの僚と協力して実験を行います。この実験の結果は将来にたくさんいろいろな病気を患ってる人に助けるはずです。

 やっぱり、実際とマスコミによれば、BioTexComライバルよりも一歩前進しています!