logotip.png

代理出産プログラム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    Skype: BioTexCom JP    Line ID: biotexcom

 

 

将来を引き受けます!BioTexComでの卵子保存

kryokon japan freeze

現代の女性はますます出産を先延ばしにしており、将来自分の子供たちにふさわしい例になるために、まず社会で自己主張し、キャリアを築き、魂の伴侶を見つけ、経済的自立を得ることを好みます。

しかし、自然には独自の法則があり、人生の中で自己主張したいという女性の欲求は法則に影響を与えません。受精可能な女性体中の卵子の数は年を追うごとに少なくなり、遅くなると妊娠するのが難しくなります。医療行為では、このプロセスは卵巣機能障害と呼ばれます。女性が自分で妊娠する能力は3738歳までに低下します。 4345歳までに、ほとんどの女性は閉経期に入ります(自分の卵で子供を妊娠することができません)。

さらに、年齢とともに、染色体異常の可能性が高まり、例えば、ダウン症候群のような遺伝病を引き起こし得ります。放射線療法や化学療法を含む腫瘍性疾患の可能性を無視するべきでもありません。このような場合、遺伝的に自分の子供を妊娠する可能性は0%です。

すべて考慮すると、将来に卵子を受精させる可能性を持って卵子を保護する必要があります。自分の健康的な卵子を凍結保存する方法はますます人気になっています。手続要綱は-196℃の液体窒素中で細胞を凍結することです。細胞のすべての生物学的プロセスを止めることを可能にし、女性が妊娠の準備ができるまで細胞を長期間保存することを可能にします。

出産可能年齢(18歳から28歳まで)のピーク時に受精卵を凍結保存することは、将来的には流産の危険ほとんどなしに自分の子供を産む可能になります。

BioTexComセンターは卵子の凍結保存方法を提供しています。健康な細胞を保存すれば、落ち着いて生殖年齢を心配しなくても、子供を産むことはできます。卵子の凍結保存を使用すると、準備ができて望むとき、母性の喜びを知ることができます。