logotip.png

代理出産プログラム
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    Skype: BioTexCom JP    Line ID: biotexcom

 

 

子宮内膜自家移植:治療における革新と代理出産に代わるもの

autoinstalation mitohondr feature img380x253

多くの子供のいないカップルは、長期の不妊症と不成功の体外受精の後、代理出産が待望の子供を産む唯一のチャンスという結論に至ります。しかし、子宮内膜自家移植、新しい革新的な方法のおかげで、アッシャーマン症候群の女性は自分が健康な赤ちゃんを産むことができます。

この技術は、代理出産に代わるものとなりました。

この方法の特徴は何ですか?どの場合に子宮内膜自家移植が推奨されますか?アッシャーマン症候群では、女性の子宮に癒着が形成され、それが子宮内膜組織の質の低下を引き起こします。ほとんどの場合、子宮内に癒着が形成されると、臓器の粘膜を掻き取ることになります:

 

 

・中絶

・流産

・子宮内手術(例えば、感染症の場合)

・出産後、胎盤の分離の遅れなど

結果として、主な機能、すなわち妊娠できる能力が障害されます。毎月成熟しそして分離する子宮内膜の上層は胚の着床およびその子宮内でのさらなる発達を意図している。受胎が起こらないならば、女性は月経を始めます。出血は剥離する子宮内膜層です。

アッシャーマン症候群の患者では、月経障害が観察されます。月経流出の減少から無月経 :月経の完全な停止まです。したがって、患者はまったく妊娠することはできません。

しかし、基底層、つまり子宮内膜の下層は分離することはありません。これは永久的な組織ので、その上に、女性自身の組織からインビトロで成長した健康な子宮内膜を移植することができます。

Biotexcom生殖医療センターで不妊治療に使用される自家移植の手順は無痛です。内視鏡を使用して、医師は患者の子宮に子宮内膜の無傷部分を見つけます。得られた材料をペトリ皿に入れ、そこで本格的な子宮内膜を培養します。その後、そのようなインキュベーター内で細胞が成長した液体を患者の子宮腔に移植します。時々、結果を達成するために、いくつかの移植が必要です。しかし今、不妊症が代理出産の直接表示であったアッシャーマン症候群の女性にとって、自身で母親になる機会があります!